会社概要

ご挨拶

町工場の片隅で産声を上げ、町工場と共に育ってまいりました。工場の音、におい、景色、そしてそこで働く職人の方々の姿は、私の人生にとって大切な宝物です。

有限会社宮内製作所を先代から引継ぎ、私で4代目となります。小さな町工場では有りますが、70年以上続く歴史のなか、先代や職人の方々が紡いできた技術と経験、そして沢山の知恵や思いが詰まった力強い会社です。

日本が世界に誇る“ものづくり”。そして、この“ものづくり”を支える人達が古来より脈々と受け継いで来た高い精神性「仁義礼知忠信孝悌」。人を思い、義を重んじ、礼節わきまえ、社会に仕え、疑わずして他を慮り、親兄弟、先祖、師を仰ぐ、この精神こそが日本が世界に誇れる“ものづくり”を成せる本質だと信じています。

弊社は、先人達の技術や経験に現代の先端技術を加え、新しくも古の技を巧みに使い、更なる技術向上を目指し、地域社会に貢献していけるよう歩んでまいります。

有限会社 宮内製作所は、創造を形にし、無限の可能性を追求し続けてまいります。

代表取締役 宮内 保昌

会社概要

正式名称 有限会社 宮内製作所
所在地 静岡県沼津市西島町3-1
代表取締役 宮内 保昌
会社設立 昭和34年3月
資本金 400万円
従業員数 15名
主取引銀行 静岡銀行沼津支店
三島信用金庫香貫支店
主要取引先 タカラスタンダード株式会社
株式会社フジクラ
株式会社明電舎

営業品目

  • 配電盤用断路器及び操作装置
  • アースイングスイッチ
  • 導体加工
  • レーザー加工
  • 小物板金
  • 建築金物製作

アクセス

会社沿革

/tbody>

昭和19年 宮内製作所 創業。代表取締役 宮内 豊。
昭和34年3月 有限会社宮内製作所に改組。
昭和41年10月 株式会社明電舎と取引開始。
昭和53年4月 代表取締役 宮内 伸浩 就任。
昭和55年5月 新工場完成。
昭和59年10月 レーザー加工機の導入。
平成7年10月 ミーリングセンターの導入。
平成9年2月 3次元レーザー加工機の導入。
平成11年11月 代表取締役 宮内 由里子 就任。
平成17年11月 最新の3次元レーザー加工機の更新。
平成25年4月 代表取締役 宮内 保昌 就任。
平成27年10月 第2工場完成。
PAGE TOP